フットリーディング(足底反射療法)

足つぼ療法とは?
単なる足のマッサージではなく、足裏を刺激する全身療法である。
カラダには、内臓の調子をカラダの表面に映し出す反射という作用があります。
その反射ポイントが、足裏には全身のポイントが集まっています。
反射ポイントを刺激することで、対応する内臓の働きが改善します。

ですから、足裏を刺激するということは全身の調子を整えることになります。

 

お元気さまです。

数秘術開運足ツボ師ののりあんです。

いつもありがとうございます。

 

今日のお客様は、稲沢市住在の

鈴村元弘さん、しのぶさんご夫妻です。

今回で、3回目のご来院です。

 

フットバス後、早速、元弘さんから始めました。

まずは、左足から。

心臓のウオーミングアップも兼ねて

左足から施術します。

以下の反射区が悲鳴をあげていましたよ。

腎・輸尿管・膀胱=血行障害、冷え性、腰痛、肩こり。

三叉神経=頭痛、目の疲れ。

小脳=寝不足、不眠症。

脳下垂体=ホルモンのバランス。

首=肩こり、

膵臓(特に膵尾の部分)=糖尿病

実際に糖尿病を患っておられ、

グリグリのシコリができていました。

施術後にシコリが柔らかくなりました。

入念に施術を繰り返しました。

結果、施術後の左足と施術前の右足を比べると

一目瞭然、「左足が、むくみも取れ、細くなりました。」

 

上側の足(右足)施術前・・・むくんでいます。 下側の足(左足)施術後・・・むくみが取れ、細くなりました。

 

 

身体中の毒素が分解され、

血流も良くなりました。

右足も同じ反射区が悲鳴をあげていました。

施術後は、「身体が楽になったーーー」

と喜んでいただきました。

 

次は、しのぶさんです。

夫婦仲良く、同じような反射区が

悲鳴をあげていました。

最近、腰を痛めたということで、

特に、腎・輸尿管・膀胱で血流を良くし、

腰の反射区の承山(ふくらはぎの裏側)、

委中(膝の裏側)を繰り返し施術しました。

他には、小脳=寝不足、脳下垂体=ホルモンのバランス、

三叉神経=頭痛、首・僧帽筋=肩こり、

副腎=ストレスを繰り返し、入念に施術しましたよ。

施術後は、「心も身体もスッキリ、楽になったーー」

と大変喜んでいただきました。

 

足裏の反射区は、"ウソつかない"

弱っている箇所、疲れている箇所を

見事に教えてくれます。

「病気の早期発見」にもつながります。

反射区を押すことにより、施術中でも

徐々に痛みが改善されます。

また、通院を重ねるごとに、

改善時間も早まります。

なごや仏足院では、1ヶ月に2回の

ご来院をお勧めしています。

 

鈴村ご夫妻、今日も喜んでいただきまして、

ありがとうございました。

次回もお待ちしています。